瀬野川カンツリー倶楽部の18ホールは距離が短めで高低差がある

広島県広島市で1962年より営業を行っているゴルフ場が、瀬野川カンツリー倶楽部です。
広島市街から近くアクセスが容易であり、瀬戸内海を見渡すことが出来るので景観の面でも優れています。
年間を通して温暖な気候なので、冬場でも快適にプレーすることが可能な瀬野川カンツリー倶楽部の18ホールは、福井八十八氏が設計を担当しました。

バックティーからの距離は6230ヤードと短めですが、丘陵地帯に展開されているので高低差が大きく残っています。
苦手としている方が多い打ち上げの形になることが多いので、距離は短めですが難易度は低くありません。

7番ミドル、9番ロング、18番ミドルホールはいずれも打ち上げなので、真っ直ぐ作られているものの躓きやすいポイントです。

6番ショート、17番ショートホールは谷越えが待っており、丘陵地帯の自然を最大限に活かしているのも特徴となっています。
16番ミドルホールを始め、ラフの割合が多いホールもあるので、ティーショットで失敗した場合は大きくスコアを崩すことも珍しくありません。

障害物はあまり配置されておらず、特にバンカーの数は平均以下なので砂に捕まることは少なめとなっています。

池も少なめですが、クリークと呼ばれる川がフェアウェイを横切っている1番ロング、4番ミドル、18番ミドルホールは特に注意が必要です。

15番ミドルホールは巨大な池を越えてスタートするという構成なので、プレーヤーにプレッシャーがかかりやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ