成田フェアフィールドゴルフクラブの18ホールは池が多く配置されている

成田フェアフィールドゴルフクラブは、千葉県成田市で1998年より営業を行っているゴルフ場です。
東関東自動車道の成田インターチェンジから近く、都心から容易にアクセスすることが可能となっています。
グリーンから最も遠いグリーンティーから打った場合の18ホールの距離は、6815ヤードと長めです。

フェアウェイの幅は十分にありますが、ラフの範囲も広く、ホールの途中で大きく角度が変わるドッグレッグもあるので、コントロールが求められる構成となっています。

丘陵地帯に展開されているものの大きく手を加えられており、高低差は殆ど無いので距離感が狂う心配はありません。

アウトコースはドッグレッグが多く、ティーグラウンドからグリーンが確認し辛くなっているので、ボールを飛ばす方向と戦略性が重要です。

一方でインコースは全体的に真っ直ぐ作られており、ティーグラウンドからグリーンの位置が分かるように作られているので、方向性で困ることは少なめとなっています。

距離も長めなので、思い切ってボールを飛ばしたい場合はインコースの方が向いているでしょう。
このコースを代表する障害物が池であり、半数近くのホールに大きめの池が配置されています。

池越えスタートの形はありませんが、ティーグラウンドの右手に池が配置されている7番ロング、左手が水で覆われている15番ショート、フェアウェイの左右に池が配置されている16番ミドル、ドッグレッグと池が組み合わさっている17番ロングホールは、難易度が高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ