交通の便が良く、池を大胆に使用している盛岡南ゴルフ倶楽部

1988年、岩手県花巻市に開場したゴルフ場が盛岡南ゴルフ倶楽部です。東北自動車道、東北新幹線の新花巻駅、花巻空港から近く、県外からのアクセスも容易な交通の便が優れています。
9ホール構成の3コースを所有していることが特徴であり、池を大胆に使用しているので敷地内に見所のある作りです。

南アウトコースと呼ばれている9ホールは距離が十分にありますが、ややフェアウェイが曲がりくねっており、ラフも多めなので、飛距離に加えコントロール技術も求められます。

池に加えバンカーがグリーンの周囲に配置されている4番ショート、グリーン手前に大きめの池がある7番ミドル、フェアウェイに沿って池が配置されている9番ロングホールが難所です。

南インコースと呼ばれている9ホールは距離が最も長く、途中で大きく角度を変えるドッグレッグも配置されているので、難易度が高めとなっています。

11番ミドル以外は全て池が配置されており、池越えスタートの13番ロング、17番ショート、ドッグレッグであり池も配置されている14番ミドル、フェアウェイの左右とグリーンの周囲が池で囲まれている18番ロングホールは特に注意が必要です。

東コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短く、池はあまり配置されていません。

フェアウェイが真っ直ぐ作られていないのでコントロールが重要であり、フェアウェイが途中で途切れている2番ロング、ドッグレッグであり曲がり方が急な6番ロングホールは躓きやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ