9ホール体制で営業を行っている西条ゴルフ倶楽部

愛媛県西条市で1973年より営業を行っているゴルフ場が、西条ゴルフ倶楽部です。
背後に位置している石鎚山、見下ろすことが可能な加茂川、瀬戸内海と見所が多くあり、景観面で優れているゴルフ場となっています。
大自然の中に位置していますが、電車、自動車のどちらでもアクセスが容易であり、交通の便は良好です。

敷地内には全9ホールしかなく、2度回ることで18ホールのプレーに対応しているゴルフ場となっています。
山岳地帯に展開されているので打ち上げ、打ち下ろしが多く、アンジュレーションと呼ばれている傾斜も多い、テクニカルなコースです。

フェアウェイは概ね広めですが、傾斜があるので2打目以降はボールが曲がりやすく、狙い通りに打つのは難しくなっています。

距離は3000ヤードを僅かに越える程度と短いので、飛距離を重視するメリットはあまりなく、好スコアを記録するには安定した状態から打てるティーショットでミスをしないことが重要です。

ホールの途中で角度が変わるドッグレッグ、山岳コースでは定番の谷越えがあり、自然を活かした障害物が多めとなっています。

一方で、バンカーや砂といった人の手が加えられている障害物は少なく、特に池はコース内に一つもありません。
バンカーはやや少なめであり面積も小さめですが、全体的に傾斜があるという性質上、バンカーショットの難度は高めとなっています。

ハンディキャップの面で一番難しいと認められているのは、真っ直ぐ作られている4番ミドルホールです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ