全27ホールを所有している西脇カントリークラブ

1974年、兵庫県西脇市に開場したゴルフ場が西脇カントリークラブです。
周囲には雄大な大自然が広がり、敷地内には花や木々が多く植えられているので、自然に囲まれながらリラックスした状態でプレーすることが可能となっています。
敷地内に9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りの西脇カントリークラブは、阿部恒雄氏が設計を担当しました。

丘陵地帯に作られていますが、高低差や傾斜はあまりありません。

東コースと呼ばれている9ホールは最もフェアウェイが広く作られており、途中で大きく角度を変えるドッグレッグも無いので、ティーショットから思い切って攻めていける作りです。

池越えスタートであり、フェアウェイをクリークと呼ばれている川が横切っている4番ロングホールは、難度が高めとなっています。

北コースと呼ばれている9ホールは僅かな差ですが距離が最も短く、概ね真っ直ぐ作られていますが、飛距離よりも多くのクラブ、テクニックを扱えることの方が重要です。

フェアウェイ横にクリークがあり、ドッグレッグの5番ミドルホールは特に技術が求められます。
西コースと呼ばれている9ホールは最も長く、フェアウェイも広めに作られているので好スコアを狙うならパワーは必須です。

池が多く配置されていることも特徴であり、池越えスタートの5番ショート、グリーンの右手が水に覆われている7番ミドル、ドッグレッグでありグリーン手前にクリークが流れている9番ミドルホールは躓きやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ