高低差はないものの、障害物が多い青山高原カントリークラブ

三重県津市で1976年より営業を行っているゴルフ場が、青山高原カントリークラブです。
「青山高原カントリークラブ 榊原七栗温泉コース」と表記されることもあり、ゴルフ場の名前にもなっている青山高原が景観面での見所となっています。
春の新緑、秋の紅葉は特に美しく、鮮やかな景色を背景にしてプレーすることが可能です。

阿部恒雄氏が設計を担当した18ホールのバックティーからの距離は6850ヤードと長く、丘陵地帯に展開されているものの、高低差が殆ど無いのが特徴となっています。

特に勾配は抑えられているので、あまり体力がないという方でも回りやすい作りですが、戦略性も高く歯応えのある構成です。

木々により殆どのホールが仕切られており、フェアウェイも広く作られていますが、多く植えられている木によりコースが限定されることがあります。

立木がフェアウェイの真ん中に立っていることも珍しくないので、木の傍にボールが飛んで行くと、その後のスコアに大きく影響する可能性が高いです。
また障害物は木々だけでなく、バンカーも非常に多く配置されており、一個一個の面積が大きめとなっています。

6番ミドル、14番ロング、17番ミドルはバンカーの数が多いので、砂に打ち込む可能性が高いです。

池は個数が少なく、面積もさほどではありませんが、殆どがティーグラウンドの近くに配置されているので、ティーショットでプレッシャーがかかりやすく、特に最終18番ホールはスタート地点の前一帯が水で覆われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ