青島ゴルフ倶楽部は女子プロトーナメントの舞台となった

青島ゴルフ倶楽部は、宮崎県宮崎市で1991年より営業を行っているゴルフ場です。
宮崎市の南部、太平洋に面した土地に展開されており、自動車のインターチェンジや電車の駅が近く、交通の便に優れたゴルフ場となっています。
女子プロトーナメントも開催されたことのある青島ゴルフ倶楽部の18ホールは、小林光昭氏が設計を担当しました。

バックティーからの7018ヤードは丘陵地帯に展開されていますが、高低差は少なく、アンジュレーションと呼ばれる傾斜がプレーヤーを悩ませる存在となっています。

フェアウェイの幅は広めに設定されていますが、同じくらいラフの範囲が広く、一度フェアウェイから外れた場合は、立て直しだけでスコアが嵩むことも珍しくありません。

木々は多く植えられていますが、各ホールは完全に仕切られていないのでOBが出やすく、特にフェアウェイから外れた場合には注意が必要です。

ホールの途中で角度を大きく変えるドッグレッグが多く採用されており、普通に打った場合は障害となりますが、池を挟んだドッグレッグの場合はショートカットを狙うことも出来ます。

障害物の数は少なく、特にバンカーは大きさもさほどではないので、打ち込んだ場合のリスクは大きくはありませんが、池は面積が非常に大きいです。

アウトコースでは計5ホール、インコースでは計4ホールに大きめの池が配置されており、フェアウェイ横に池が伸びている2番ロング、フェアウェイの傍に大きめの池がある6番ミドル、12番ミドルは難所となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ