青梅ゴルフ倶楽部は1958年開場の名門ゴルフ場

東京都青梅市で1958年より営業を行っているゴルフ場が、青梅ゴルフ倶楽部です。
東京都内で5番目に作られており、多くのプロトーナメントの会場として使われました。
名門ゴルフ場として営業を行っており、会員の紹介か同伴が無いとプレー出来ないので、ビジターの方がプレーする場合のハードルは高めです。

9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りがあります。
丘陵地帯に位置しており、ティーショットで打ち下ろしの形が多い青梅ゴルフ倶楽部の各コースは、清木一男氏が設計を担当しました。

東コースと呼ばれている9ホールは途中で角度を変えるドッグレッグが多めであり、ティーショットをどこに向かって打ち出すかが重要となっています。

フェアウェイの幅は十分ですが、障害物も多いので飛距離よりも扱うことのできるクラブ、テクニックがスコアメイクの上で重要です。

中コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短いものの、殆どのホールが真っ直ぐ作られているので、思い切ってドライバーショットを打つことが可能となっています。

ここは谷越えの3番ショート、池越えスタートでありバンカーも多い6番ミドルホールが難所です。
西コースと呼ばれている9ホールは距離が最も長く、ドッグレッグも少なめなので中コースと同じく攻めていっても問題ない構成となっています。

障害物の数は少なめですが、バンカーの多い3番ミドル、池越えで始まり計3個の池が配置されている7番ロングホールは、正確性を重視した方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ