静岡カントリー袋井コースは濃い緑の芝が特徴

1978年、静岡県袋井市に開場したゴルフ場が静岡カントリー袋井コースです。
芝は濃い緑色となっており、植えられている木々と調和しています。
丘陵地帯に展開されているコースですがフラットに仕上がっており、高低差のせいで距離感が狂うことは殆どありません。

静岡カントリー袋井コースの18ホールは川村裕二氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6623ヤードヤードと、平均的な数字になっています。

高低差は殆どないものの、丘陵地帯特有の傾斜はコース内に多く残されており、ホールの途中で角度を大きく変えるドッグレッグも多めです。

3番ロング、5番ミドル、6番ミドルはドッグレッグであり、特に6番ミドルホールは曲がり方が急なので、ティーショットの出来がスコアに大きく影響します。
フェアウェイの幅は広く取られており、ラフの割合も多くはありませんが、傾斜があるので二打目以降の難度が高めです。

障害物は多めに配置されており、特にバンカーはグリーン周りに多いので、アプローチショットの技術が問われます。
池の数はそれほど多いわけではありませんが、面積は大きめであり、打ち込みやすい構成です。

グリーン手前に大きな池が配置されている11番ショート、ティーグラウンドの先とグリーン手前の二箇所に大きめの池が配置されている18番ロングホールは、スコアを崩しやすいポイントとなっています。

さらにグリーンは小さめなので乗せるのが難しく、傾斜がきついのでパッティングで外すことも珍しくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ