コースによっては石狩平野を一望することが出来る石狩平原カントリークラブ

1977年、北海道石狩郡当別町に開場したゴルフ場が石狩平原カントリークラブです。
丘陵地帯に位置しているので石狩平野を一望することが可能であり、北海道の大自然を感じながらプレーすることが可能となっています。
9ホール構成の3コースを所有しており、組み合わせは計3通りです。

南コースと呼ばれている9ホールは新しく作られたコースであり、距離は長めですがフェアウェイはあまり広くないので難度は高めとなっています。

池を非常に多く配置しているのが特徴であり、特にグリーンの周囲の殆どが水で覆われている6番ショートは名物ホールです。
中コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短く、木々が少なめなのでOBを記録しやすい作りとなっています。

フェアウェイよりラフの範囲の方が広く、真っ直ぐ作られていないので終始高い技術が求められるコースです。

障害物はあまり配置されておらず、池はゼロで、6番ミドルホールではややバンカーが多めですが、全体的に見ればバンカーの数は少なめとなっています。

西コースと呼ばれている9ホールは距離があり、丘陵地帯に作られていますが高低差を少なくしているのが大きな特徴です。

フェアウェイは狭めですが、角度が大きく変わるといったレイアウトは採用されていないので、飛ばしたいというプレーヤーの方に向いています。
障害物の数は少なめであり、池は一箇所にしかありません。

バンカーは5番ロング、6番ミドルホールで多めに配置されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ