女子プロトーナメントが開催されたこともある赤坂カントリークラブ

赤坂カントリークラブは、岡山県赤磐市で1974年より営業を行っているゴルフ場です。
女子プロトーナメントの舞台になったこともある、中国地方を代表するゴルフ場の一つとなっています。
丘陵地帯に敷地があり、標高150メートルから200メートルにかけてコースが展開されているので景観面も良好です。

丘陵地帯は高低差が大きめのゴルフ場が多いですが、福井八十八氏設計による赤坂カントリークラブの18ホールは高低差が少なめとなっています。
同じホール内で高さが大きく変わることはあまり無く、打ち上げや打ち下ろしが少なめなので距離感が狂うことは滅多にありません。

バックティーからの距離は6760ヤードであり平均以上、且つ木々により各ホールが仕切られているので、他の組に影響を与えることは少なめです。

フェアウェイは広めですが、飛距離よりもコントロールを重視した方がスコアは安定するでしょう。

ホールの途中で角度を変えるドッグレッグがあり、グリーンの手前で90度近く曲がる2番ミドル、谷越えスタートの直後に角度が大きく変わる17番ロングホールは、特にティーショットの方向性が重要となっています。

池は少なく、16番ホールの池越えは厄介ですが、水に大きく苦しめられることは少なめです。
このコースで気をつけなければいけない障害物は、平均以上の数が配置されているバンカーとなっています。

グリーン周りにはバンカーが多く配置されているので、アプローチショットが得意な方ほど好スコアを期待出来る作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ