新潟県内で三番目に作られた、赤倉ゴルフコース

新潟県妙高市で1963年より営業を行っているゴルフ場が、赤倉ゴルフコースです。
新潟県内で三番目に作られており長い歴史を持っていますが、開場当初は9ホール体制で営業を行っていました。
1971年に増設が完了し18ホール体制へと移行しますが、1978年には土石流によりコースの一部が崩壊してしまいます。

その為、18ホールの設計を担当した井上誠一氏により作られ、原型がそのまま残っているホールは計6ホールだけです。
井上誠一氏設計のコースを多く手がけた岡田和男氏らの手により復旧が進み、1984年には18ホールでの営業を再開しました。

バックティーからの距離は6365ヤードとなっており、あまり長くはありませんが、白樺を始めとした木々の美しさ、芝とバンカーのコントラストからリゾートコースとして高い評価を得ています。

途中で角度が大きく変わるドッグレッグが多く、フェアウェイも全体的に曲がりくねっているのが特徴です。

加えて谷越え、フェアウェイにある立木といった自然を活かした障害物が多めであり、更に全体の距離が短めなのでコントロール技術が重要となっています。

障害物の数は少なめであり、池はコース内で13番ショートホールにある一箇所だけですが、池越えスタートなのでティーショットをミスした場合のリスクは高めです。

バンカーはグリーン周りを中心に満遍なく配置されているものの、数は平均よりやや下となっています。
4番ミドル、18番ミドルといったフェアウェイから登場するバンカーに捕まらないよう注意して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ