岡本綾子プロ、城戸富貴プロが練習を行っていた赤穂国際カントリークラブ

赤穂国際カントリークラブは、1975年より兵庫県赤穂市で営業を行っているゴルフ場です。
岡本綾子プロ、城戸富貴プロらが所属していたことでも知られているこのコースは、間野貞吉氏が18ホールの設計を担当しました。
丘陵地帯に作られた18ホールのバックティーからの距離は6585ヤードとやや短めですが、高低差と傾斜があるので、コントロール技術が必要となります。

アウトコースはやや長めであり、フェアウェイも広めに作られているので飛距離を出したい方向きの作りです。

1番ミドル、2番ロング、9番ミドルホールは距離も十分であり、障害物も少なめとなっていますので、ティーショットから思い切って攻めていける作りとなっています。

インコースは複数の谷越え、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、飛距離よりも技術が求められる構成です。
フェアウェイはやや狭く、ラフの割合が多めであり、距離は短いものの引き出しの多さが重要となっています。

ドッグレッグであり、赤穂国際カントリークラブの中で最も曲がり方が急な10番ミドル、谷越えの11番ショート、18番ショートホールは躓きやすいポイントです。

さらに池、バンカーといった障害物は満遍なく配置されており、バンカーは平均以上の数があるので全てを避けるのは困難となっています。
特に3番ミドル、15番ミドルはフェアウェイからグリーンが多数登場する難所です。

8番ショート、14番ミドル、17番ロングホールのグリーン周りには、池が配置されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ