仙塩ゴルフ倶楽部は東北地方で最古のゴルフ場

宮城県塩竈市で1935年より営業を行っているゴルフ場が、仙塩ゴルフ倶楽部です。
東北地方で最古のゴルフ場として知られており、赤星四郎氏が6ホールの設計を担当しました。
本来は9ホールを作る予定でしたが、資金不足により6ホールのまま開場することとなり、仙臺カントリー倶楽部という名前で営業を始めています。

しかし開場後に戦争が勃発し、太平洋戦争末期には営業が出来ない状態となりました。
戦後、アメリカ軍のレクリエーション用に使われ、3ホールが増設されることとなります。

1952年にはアメリカ軍による接収が解除され、「仙塩ゴルフ倶楽部 浦霞コース」と名前を変え営業が再開されました。
9ホール構成で営業を行っており、二度回ることで18ホールに対応しています。

山岳地帯に位置しており、またブルドーザーが無い時代に手作業で作られたという経緯を持っているので、高低差と傾斜が色濃く残っているコースです。

バックティーからの距離は2889ヤードと、二度回っても6000ヤードには届かない短いコースですが、傾斜の中で真っ直ぐ飛ばすのは困難であり、難度は高めとなっています。

グリーン手前で右に大きく角度を変える4番ロングホールは、特にスコアを崩しやすいポイントです。
一方で障害物の数はやや少なく、池に至ってはコース内に一箇所もありません。

バンカーの数は平均的であり、フェアウェイに少数が、そしてグリーンの周囲には多く配置されているので、アプローチショットの難度は高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ