千羽平ゴルフクラブからは霊峰立山と砺波平野を望むことが出来る

千羽平ゴルフクラブは、1974年より富山県小矢部市で営業を行っているゴルフ場です。
霊峰として名高い立山が景観面での見所であり、他に砺波平野を望むことが可能で眺望の面に優れています。
また広大な敷地内には自然が多く残っており、木々だけでなく花も多いので、プレーしながら自然を楽しむことも可能です。

敷地内に9ホールで構成されている3コースを所有しており、プレーの際の組み合わせは計3通りとなっています。

丘陵地帯に位置しており、アンジュレーションと呼ばれる傾斜等、元の自然を最大限に活かしている3コースは、長谷川武治氏と小笹昭三氏が設計に携わりました。

立山コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いものの、丘陵地帯によくある谷越えを始めとした自然の障害物が多く、変化に富んでいます。
更に池越えも多いので、飛距離よりもコントロール技術が求められる作りです。

日本海コースは千羽平ゴルフクラブの中で最も長いものの、途中で角度を変えるドッグレッグが多く、特に7番ホールは曲がり方が急なので難度が高めとなっています。

白山コースと呼ばれている9ホールは高低差が少なめなので、打ち上げや打ち下ろしに悩まされる心配は無く、また真っ直ぐ作られているので最も初心者の方に向いている作りです。

一方で障害物はやや多めであり、特にバンカーはグリーン周りを中心に多く配置されているのでアプローチショットの難易度が高めとなっています。

池は少なめですが、3番ホールのグリーン手前にある池は要注意です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ