北海道ならではの大自然の中でプレー可能な千歳カントリークラブ

千歳カントリークラブは1974年より、北海道千歳市で営業を行っているゴルフ場です。
本州では見られない、視界が開けた北海道ならではの自然が景観面での名物であり、雄大な自然の中で爽快にプレーすることが可能となっています。
千歳カントリークラブの18ホールは三好徳行氏が設計を担当しており、丘陵地帯に作られているものの高低差はあまりありません。

グリーンから最も遠いチャンピオンティーから打った場合の距離は6812ヤードであり、長めのコースです。
フェアウェイは十分に幅が取られており、ホールの途中で角度が変わるドッグレッグも殆どなく、初心者の方でも打ちやすい作りとなっています。

木が少ないことによりOBが出やすく、力任せにショットを行った場合は打数が嵩みやすいので、抑えるべきところでは抑えた方が良いでしょう。

フェアウェイの角度が途中で変わるカラマツコースの2番ミドル、ドッグレッグを採用しているカラマツコースの4番ロングホールは難度の高いレイアウトです。

障害物は、池もバンカーも少なめであり、障害物を多く配置して難度を上げているタイプのゴルフ場ではありません。

フェアウェイにはあまりバンカーが配置されていないものの、グリーン周りにはバンカーが的確に配置されておりアプローチショットはやや難しくなっています。

池は個数こそ少なめですが、フェアウェイ、ティーグラウンドの近くに配置されており、ティーの位置によっては池越えとなるシラカバコース8番ショートホールの池は、特に注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ