2006年に大幅に方針を変え、植苗カントリークラブとなった千歳国際ゴルフコース

1975年、北海道苫小牧市に開場したゴルフ場が千歳国際ゴルフコースです。
東スポの愛称で知られているスポーツ新聞、東京スポーツを発行している株式会社東京スポーツ新聞社が所有しているゴルフ場となっています。
元々は会員権が存在しないパブリック制を採用していましたが、2006年に東京スポーツ新聞社は方針を大きく変え、メンバーコースとして営業を行うこととなりました。

この時に、ゴルフ場の名称が植苗カントリークラブに変更されることも発表されています。

プロアマトーナメントが開催されたこともあるこのコースは、菅谷直氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6452ヤードであり、やや短めとなっています。

林間地帯に作られていますが、林間コースの特徴である高低差の少なさは見られません。
高低差と傾斜があるので、ボールを真っ直ぐ飛ばすのが難しく、傾斜をどう制するかがスコアメイクの上では重要となっています。

木々は多く、フェアウェイは広めであり、ホールの途中で角度が大きく変わることも殆どありません。
適度に障害物が配置された、オーソドックスな作りのコースです。

池は何箇所かに見られますが、殆どがフェアウェイやグリーンの近くには配置されていないので打ち込む可能性は少なめとなっています。
しかし、6番ショートホールのグリーン手前にある池には注意が必要です。

バンカーの数はやや多めであり、パー4、パー5のホールではフェアウェイ付近からバンカーが登場します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ