千成ゴルフクラブはプロテストの舞台としても有名

千成ゴルフクラブは、栃木県大田原市で1976年より営業を行っているゴルフ場です。
東日本のプロテストが多く行われたコースであり、多くの有名プロゴルファーが激戦を繰り広げました。
景観面での名物は那須連山であり、雄大な自然に囲まれた中でプレーを行うことが可能です。
杉本英世氏が18ホールの設計を担当しました。

バックティーからの距離は6823ヤードであり、平均以上です。
丘陵地帯に作られていますが、高低差は殆ど無く、また木々が多く植えられていることもあり林間コースのような趣を持っています。

各ホールは豊富に植えられている木々によって仕切られており、他の組のプレーに影響を及ぼすことは殆どありません。

ラフがやや多めですがフェアウェイは十分に広く、ホールの途中で角度が変わるドッグレッグも少なめであり、初心者の方でも打ちやすい作りです。

プロテストが開催されていたゴルフ場なので難度は低くはなく、好スコアを狙おうとした場合は、扱えるクラブの数やテクニックといった実力がそのままスコアに反映されます。

このコースを代表する障害物が池の存在であり、大きめの池をどう避けるかがスコアメイクの上でのポイントです。

池越えスタートの3番ショート、10番ロング、12番ショートホール、グリーンの手前に池がある7番ショートは打ち込みやすくなっています。

バンカーの数は平均的であり、グリーン周りに多数のバンカーが配置されている4番ミドル、5番ミドル、6番ミドルは注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ