民間が運営していたものの、後に公営化された川口市浮間ゴルフ場

埼玉県川口市で1983年より営業を行っているゴルフ場が川口市浮間ゴルフ場です。
荒川の河川敷に作られたコースであり、元々は浮間ゴルフリンクスという名前でした。
浮間ゴルフリンクスは民間が作ったコースであり、1957年に開場しています。

しかし1983年に公営化され、川口市浮間ゴルフ場と名前が改められました。
規模も縮小され、川口市浮間ゴルフ場となってからは9ホール体制で営業を行っており、二度回ることで18ホールのプレーが可能です。

安田幸吉氏が設計を担当しました。距離は2675ヤードであり、河川敷コースの中では長めに設定されています。
河川敷に作られていますが、若干の高低差があるので注意が必要です。

フェアウェイは広めですが、途中で角度が変わるドッグレッグもあるので、ティーショットの出来がスコアに直結する構成です。
OBも出やすく、コントロール技術が求められるでしょう。

周囲より高い位置にグリーンがある、所謂砲台グリーンを採用しているのが大きな特徴です。
アプローチショットは打ち上げの形であり、グリーン自体も小さいので難度は高めとなっています。

フェアウェイの左一帯にバンカーが配置されている7番、バンカーが大きめの9番ホールが難所です。
初心者の方向けに、ゆりコースと呼ばれている3ホールが用意されています。

全てパー3ですが、砲台グリーンの特徴は残っており、簡単ではありません。
クラブハウス内にはレストランもあり、施設も充実しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ