都心からのアクセスが容易な川崎国際生田緑地ゴルフ場

川崎国際生田緑地ゴルフ場は、神奈川県川崎市で1952年より営業を行っているゴルフ場です。
多摩丘陵に位置しており、自然を最大限に活かした作りとなっています。
東名高速道路の川崎インターチェンジから非常に近く、また電車でのアクセスも容易です。
井上誠一氏が18ホールの設計を担当しました。

バックティーからの距離は6225ヤードであり、やや短めです。
丘陵地帯の地形を活かしているので、高低差と傾斜が残っています。

フェアウェイは広めです。
木々も多く残されており、各ホールは仕切られています。

ドッグレッグと呼ばれている、ホールの途中で大きく角度が変わるレイアウトはあまり採用されていません。
その為、ティーグラウンドからグリーンの位置が分かることが多く、ティーショットの方向で躓く可能性は少なめです。

丘陵コースではよく見られる谷越えもありますので、傾斜、高低差、谷越えといった自然を活かした障害物の影響をどれだけ受けないかがスコアメイクの上での鍵でしょう。

バンカーや池といった人工の障害物はあまり配置されていません。バンカーは数が少ないだけでなく、小さめとなっています。
やや大きめのバンカーがグリーン周りに配置されている6番ショート、小さめのバンカーが多い16番ショートホールの難度がやや高めです。

池は17番ロングと18番ミドルホールに配置されています。

共に池越えスタートとなっていますが、18番ホールの方は池が巨大なので、最も注意しなければいけない障害物です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ