泉カントリー倶楽部は27ホール体制で営業を行っている

1979年、千葉県印旛郡印旛村に開場したゴルフ場が泉カントリー倶楽部で、都心から近いので訪れやすく、グリーンを始めとしたコンディションも良好となっていて、さまざまなレベルのゴルファーが楽しめる構成になっています。
9ホール構成で西・東・南の名のつく3コースを所有しており、組み合わせは全部で3通りあり、林間地帯に作られているので、木々が多いですが、高低差はほとんどないので、OBを記録することも少ないでしょう。

WESTコースは最も距離が長いのが特徴です。
しかし池が多く、終始プレッシャーがかかりやすくなっています。

4番、5番、6番ホールと続けて大きめの池が配置されており、最も警戒しなければいけない障害物でしょう。
バンカー、フェアウェイに立つ木と障害物は多めです。

一方、EASTコースと呼ばれている9ホールは最も短いものの、障害物が豊富に配置されており難度が高めです。

池越えスタートでありフェアウェイにサイドバンカーが多数配置されている5番、巨大な池を越えていく6番ホールがスコアを崩しやすいポイントとなっています。

最後にSOUTHコースと呼ばれている9ホールは、真っ直ぐ作られているものの、バンカーが多めです。
バンカーの面積が大きく、複雑な形をしているので捕まりやすくなっています。

1番、3番、6番、9番ホールは特にバンカーが多めです。
池も大きめのものが配置されています。

池越えスタートこそありませんが、フェアウェイに沿うように配置されており打ち込む可能性は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ