泉佐野カントリークラブはフェアウェイが広く、距離も長い

泉佐野カントリークラブは、1972年より大阪府泉佐野市で営業を行っているゴルフ場です。
阪和自動車道から近く、自動車を利用する場合は楽にアクセスが可能となっています。
9ホール構成の3コースを持っており、組み合わせは全部で三種類です。

町田義雄氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られているものの、高低差は少なめとなっています。

木々が多く植えられており、OBを記録することもあまりありません。
全体的にフェアウェイは広く、距離は長く作られているので飛距離に自信があるという方に向いています。

大阪湾コースの9ホールは距離が長めであり、障害物が少なめです。
オーソドックスなので、実力がスコアに反映されやすい作りとなっています。

一方で犬鳴コースと呼ばれている9ホールは泉佐野カントリークラブの中では最も距離が長いのが特徴です。
ここは途中で角度が変わることはほとんどありません。

真っ直ぐ作られているホールが多いので、思い切って攻めていくことが好スコアに繋がります。
障害物はあまりありませんが、バンカーはやや大きめです。

稲倉コースと呼ばれている9ホールは距離が最も短いのですが、打ち下ろしが多いことも特徴です。
基本的には思い切って打っていって問題ありません。

しかし、7番ホールは池越えスタートで始まり、グリーンの直前で大きく角度を変える厄介な作りとなっています。
他のホールは真っ直ぐ作られており、障害物もあまり配置されていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ