浅見カントリー倶楽部は27ホール体制で営業を行っている

茨城県水戸市で1974年より営業を行っているのが浅見カントリー倶楽部で、日本プロゴルフ選手権大会が開催されたこともあり、評価の高いゴルフ場となっています。
高速道路のインターチェンジから10分程度で、交通の便も良好です。
9ホール構成の3コースを所有しており、3通りの組み合わせがあり、浅見緑蔵氏が設計を担当しました。

丘陵地帯に作られていますが、高低差は少なめです。
北コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いのが特徴で、途中で角度が大きく変わるドッグレッグを多く採用しています。

フェアウェイは広めですが、思い切って打ちづらい作りです。
池とバンカーも多めとなっています。

池越えの2番、3番、バンカーの大きめな7番ショートホールが難所です。
距離が長めですが、終始ドッグレッグが登場し苦戦するのが、中コースの9ホールだと言われています。

フェアウェイもさほど広くはありません。
その為、ティーショットが上手くいくかがスコアメイクの上での鍵となります。

池越えとドッグレッグが組み合わさった2番、バンカーが大きめの8番ホールには注意が必要です。

また、南コースの9ホールは最も長く、池を大胆に配置していることが特徴で、半数以上で池が登場し、1番、3番、4番、8番ホールは池越えスタートです。

フェアウェイは全体的に狭めとなっています。
利用料金はさほど高くはありません。

平日でセルフプレーを選択した場合は、安めに利用することが可能でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ