9ホールを回り放題という形で営業している船木ゴルフ倶楽部

山口県宇部市で1965年より営業を行っている船木ゴルフ倶楽部は、山口県内で5番目に作られており、歴史のあるゴルフ場です。
9ホール体制で営業を行っている点が特徴で、二度回ることにより18ホールのプレーが可能です。
しかしこのゴルフ場の最大の利点は、何回でも回れる点でしょう。

料金を支払ったその日は回り放題なので、体力があれば複数回のプレーも可能で、コースに出てゴルフの練習を行いたいという方には打ってつけとなっています。

バックティーからの距離は2635ヤードと、かなり短めですが、練習に訪れる方には丁度良い距離でしょう。
丘陵地帯に位置していますが、高低差はあまりありません。

フェアウェイは広めに作られていますが、ラフの割合も多めとなっています。
その為、飛距離を出すことにあまり意味はありません。
1番と4番はパー5のロングホールです。

思い切ってドライバーショットを打つなら、真っ直ぐ作られている1番ホールが最も向いています。
障害物はやや多めですが、バンカーはあまりありません。

2番ホールはグリーンの先に大きめのバンカーが設置されていますが、グリーンを大きく越えない限り問題にはならないでしょう。
このコースで最も警戒しなければいけないのは池の存在です。

池は大きめであり、数か所に配置されています。
特に3番、7番ホールは巨大な池を越えてスタートすることとなるので、ティーショットでプレッシャーがかかる作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ