相模原ゴルフクラブは18ホールを二つ持つ名門ゴルフ場

1955年、神奈川県相模原市に開場したゴルフ場が相模原ゴルフクラブです。
神奈川県で8番目に作られた名門ゴルフ場で、オープン当初は18ホール体制でした。
1960年にもう一つの18ホールが完成しています。
オープン当初からプロトーナメントが開催されている、評価の高いゴルフ場です。

林間地帯に作られており、木々が多く、高低差は少なめとなっています。
オープン当時からある東コースは小寺酉二氏が設計を担当しました。

グリーンから最も遠い、チャンピオンティーから打った場合の距離は6954ヤードで、途中で大きく角度が変わるレイアウトは採用していません。

真っ直ぐ作られているものの、フェアウェイがあまり広くなく、しかも距離があるので、飛距離を保ったままどれだけボールをコントロール出来るかがスコアメイクの上での鍵です。

グリーン周りはバンカーが多く、また大きめとなっています。
一方、後から作られた西コースは村上義一氏が設計を担当しました。

チャンピオンティーから打った場合の距離は6738ヤードであり、こちらも距離は長めです。
やや傾斜が残っており、谷越えもあります。

障害物を多く配置しており、バンカーは特に多く、その上一個一個の面積も大きいので、1番、8番、10番ホールは特に注意が必要となっています。

名門ゴルフ場として運営されていますので、ゲストが予約することは出来ません。
予約が出来るのはメンバーだけで、また予約の受付は電話のみです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ