中央高速道路から近い位置に27ホールを持っている相模湖カントリークラブ

相模湖カントリークラブは1978年より神奈川県相模原市で営業を行っているゴルフ場です。
中央高速道路から近い位置にあり、他府県からのアクセスも容易となっています。
丹沢山系が景観面での名物で、9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴です。

丘陵地帯に位置しており、打ち上げや打ち下ろしが多めとなっていますが、距離感が狂う程の高低差はありません。
藤コースと呼ばれている9ホールは最も距離が短いのが特徴です。

全体的に真っ直ぐ作られています。
その為、ティーショットの方向で迷うことも少なめです。

谷越えの3番、4番ホールは注意が必要となります。
バンカーはグリーン周りに多数配置されていますが、大きくはありません。

桜コースと呼ばれている9ホールは、途中で角度が変わるドッグレッグ、大きめのバンカーがあるのでコントロール技術が求められます。
2番、4番ホールは特にバンカーが大きく、スコアを崩しやすいポイントです。

自然が多く残っていので、OBは出にくいでしょう。
百合コースは最も距離が長く、且つ変化に富んでいる難度の高いコースでしょう。

谷越えに大きな池、多数のバンカーがあり、多くの技術を使いこなせないと好スコアは期待出来ません。
谷越えでありバンカーも多めな5番、大きな池とフェアウェイ横のサイドバンカーが多めな8番ホールが難所となっています。

利用料金はやや高めに設定されており、平日、セルフプレーでも1万2千円以上です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ