総丘カントリー倶楽部はグリーンの状態を重視しているゴルフ場

総丘カントリー倶楽部は1973年より千葉県富津市で営業を行っているゴルフ場です。
房総半島の南に位置しており、天気が良い日は東京湾を一望することが出来ます。
グリーンのコンディションに力を入れており、年間を通して良い状態でパッティングが可能です。
御木道正氏が18ホールの設計を担当し、バックティーからの距離は6453ヤードと、やや短めとなっています。

山岳地帯に作られているので、打ち下ろし、打ち上げが多く、アンジュレーションと呼ばれている傾斜もあります。

木々が多く残っているので、OBの心配はあまりありません。
フェアウェイは広めに作られています。

アウトコースは比較的高低差が少なめなので、思い切って攻めていっても問題ありませんが、それに対しインコースは一部新しく作り直されていることもあり、性質が大きく異なっています。

谷越え、ホールの途中で角度が変わるドッグレッグがあるので飛距離よりも技術が重要でしょう。
高い位置にある砲台グリーンを採用しているホールもあるので、アプローチショットの難度も高めです。

障害物は非常に少なく、ゴルフ場では定番の障害物であるバンカーは、ほとんど見られません。
2番ホールのバンカーがやや大きめですが、他のコースと比べると小さめの部類に入ります。

数も少なめなのでバンカーに苦しめられる可能性は少なめです。

池もコース内に配置されているのは一か所だけとなっています。
面積は小さいので、打ち込む危険性は少ないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ