渡良瀬川の河川敷に作られている足利渡良瀬ゴルフ場

足利渡良瀬ゴルフ場は1991年より栃木県足利市で営業を行っているゴルフ場で、渡良瀬川の河川敷に作られています。
足利市が主導して作ったコースであり、会員権の存在しないパブリック制を採用しているので気軽に訪れることが可能です。
9ホール体制で営業を行っており、二度回ることで18ホールのプレーに対応しており、グリーンだけでなく、ティーグラウンドも二か所用意されており、飽きが来づらい作りでしょう。

足利市の建設部が設計を行った9ホールの距離は、どちらのティーグラウンドから打った場合でも2500ヤード台となっています。
高低差はほとんどなく、またホールの途中で角度が変わることもないので、グリーンの位置の把握は容易です。

フェアウェイは広めに作られていて、1番、4番のロングホールは距離も長いので、ティーショットから攻めていって問題ありません。

OBを防いでくれるものはないので、距離があまり無いパー4以下のホールではコントロールを重視した方が良いでしょう。

障害物は多くはありません。バンカーはやや大きめですが、数は少なめとなっています。
池は数か所にあり、どれも大きめなので注意が必要です。

グリーン手前に池がある2番と8番、グリーンの右に池がある5番と6番ホールは打ち込みやすいでしょう。
利用料金は安めに設定されており、平日ならば4000円以下で利用が可能です。

土日祝でも6000円台で利用が可能なので、訪れやすく練習には打ってつけのゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ