二つの18ホールを所有している太平洋クラブ軽井沢リゾート

群馬県吾妻郡長野原町で1975年より営業を行っているゴルフ場が、太平洋クラブ軽井沢リゾートです。
標高1300メートル付近の高原に広大な敷地と、二つの18ホールを所有しており、開場日は同じですがゴルフ場予約サイトでは「太平洋クラブ軽井沢リゾート 浅間コース」「太平洋クラブ軽井沢リゾート 白樺コース」と分けられていることもあります。
共に、フェアウェイまで乗用カートで入ることが可能です。

浅間コースと呼ばれている18ホールは加藤俊輔氏が設計を担当しており、バックティーからの距離は6941ヤードと長めとなっています。
木々が多く、各ホールは仕切られているのでOBが出にくい作りであり、フェアウェイも広々としているので思い切って打っていっても問題ない構成です。

曲がりくねったレイアウトと障害物は少なめであり、14番ホールでは大きめのバンカーがあるものの他は概ね小さく、池もプレーに絡んでくることはあまりありません。

もう一方の18ホール、白樺コースも加藤俊輔氏が設計しており、ブルーティーからの距離は6401ヤードとやや短めです。

こちらもフェアウェイが広く、真っ直ぐ作られていますが、障害物はやや多めであり、5番、11番、13番ホールでは大きめのバンカーがグリーン周りに配置されています。

池は一個だけと少なくプレーに絡むことはあまりないので、バンカーを避けてグリーンに乗せる高いアプローチショットの技術が重要です。

他に、木々がフェアウェイにせり出してきている10番ホールは難度が高めとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ