太平洋クラブ御殿場コースはワールドカップの舞台にもなったゴルフ場

1977年、静岡県御殿場市に開場したゴルフ場が太平洋クラブ御殿場コースです。
国内プロトーナメントの開催の実績が多数あり高い評価を受けています。
2001年に行われたゴルフのワールドカップの舞台に選ばれ、世界中から有名プロが集いました。
富士山に近く、景観も優れており、日本を代表するゴルフ場の一つで、加藤俊輔氏が18ホールの設計を担当しました。

このコースの最大の特徴は距離で、チャンピオンティーからの距離は7232ヤードと国内でも屈指の長距離コースです。
林間地帯に作られており、高低差はあまりありませんが、アンジュレーションと呼ばれている傾斜はあるので、やや曲がりやすい作りとなっています。

木々が多く残っており、ほぼ全てのホールが仕切られています。

フェアウェイはやや狭めであり、コントロール技術も必要です。
途中で角度が変わるドッグレッグも多めですから、飛距離とテクニックの両方を持っていないと好スコアは狙えません。

障害物は多めであり、バンカーは平均以上の数が配置されていますが、大きさ自体はさほどでもありません。
一部に密集しているので、捕まった場合は脱出が困難です。

特に7番ホールではそれが顕著であり、グリーン周りには多数のバンカーが配置されています。
池は多めですが、大きなものは17番ホールにしかありません。

名門ゴルフ場として運営されているので、ビジターが利用する為のハードルは高く、会員の同伴か紹介がプレーの為には必須となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ