太平洋クラブ宝塚コースではバンカー、池が大きめ

兵庫県宝塚市で1994年より営業を行っているゴルフ場が太平洋クラブ宝塚コースです。
山々に囲まれており、大自然の中でプレーすることが出来ます。
電車、自動車のどちらを使った場合でもアクセスが容易で、また大阪国際空港から近いので近畿以外からも訪れやすくなっています。
加藤福一氏が18ホールの設計を担当し、バックティーからの距離は6810ヤードです。

丘陵地帯に位置していますが、各ホールはフラットに仕上がっており、フェアウェイは広めですが、アウトコースではややラフが多めとなっています。
曲がりくねったレイアウトを多く採用しており、途中で大きく角度が変わることも珍しくありません。

また、ティーグラウンドの時点ではグリーンが見えないことが多くなっています。
その為、ティーショットをどこに落とすかが重要で、プレーヤーがどのような道筋を狙うか、戦略性や柔軟な発想も必要となるでしょう。

障害物の数は平均的であり、それほど多くはありません。
バンカーは個数こそ少なめですが、一個一個が大きめなので一度打ち込むと打数が嵩みやすくなっています。

6番、10番ホールは特にバンカーが大きめであり注意しなければいけません。
このコースでは、バンカーをどれだけ避けることが出来るかがスコアメイクの上での鍵となるでしょう。

池も数は少なめとなっていますが、どの池も大きめであり、3番ショート、13番ショート、16番、17番ショートホールが池越えスタートです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ