北海道内で早い時期に作られた帯広カントリークラブ

北海道河西郡芽室町で1963年より営業を行っている帯広カントリークラブは、北海道内で7番目に作られたゴルフ場です。
日高山脈と十勝平野が景観面での見所となっています。
丸毛信勝氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6910ヤードであり長めのコースです。

「帯広カントリークラブ 新嵐山コース」と表記されることもあります。
各ホールは唐松により仕切られているので、OBが出ることは少なめとなっています。

林間地帯に作られているものの、フラットではありません。
傾斜が多く、ボールが曲がりやすいので高いコントロール技術が必要となります。
フェアウェイは概ね広めです。

アウトコースとインコースの前半までは真っ直ぐ作られていますが、16番ロングホールは角度が途中で急に変わるドッグレッグです。
大きく角度が変わるので、スコアを崩しやすいポイントでしょう。

18番ミドルホールもドッグレッグであり、ティーショットをどこに落とすかが重要です。
障害物の数は少なめとなっています。

バンカーは一個一個が大きめなものの、数はあまりありません。
4番、8番ホールはややバンカーが多めであり、アプローチショットの難度が高めです。

池はコース内に二つあり、17番ホールは池越えスタートであり、池が大きめなので注意が必要でしょう。

利用料金はキャディ付きの場合やや高めに設定されていますが、セルフプレーなら土日祝でも1万円以内であり、お手頃な価格で利用が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ