大宮カントリークラブはさいたま市内にあり、27ホール体制で営業している

埼玉県さいたま市で1965年より営業を行うゴルフ場が、大宮カントリークラブです。
荒川沿いに位置している河川敷コースとなっています。
9ホール構成の3コースを所有しているのが大きな特徴です。
小松原三夫氏、川波義太郎氏が設計に携わりました。

みどりコースと名のついた9ホールはフェアウェイが狭く、ラフの割合が多めとなっています。
ショットをミスした場合、OBを記録する可能性が高めなので、飛距離よりもコントロール技術が重要です。

バンカーはさほど多くなく、池は面積があまり大きくないものの、複数配置されているので注意しなければいけません。
3番、4番、5番ホールはグリーン手前に池があるので、アプローチショットの正確性が問われます。

あかつきコースと呼ばれている9ホールは最も長く、フェアウェイも広めです。
真っ直ぐ作られているので、見通しの悪いところはありません。

飛距離に自信がある方に向いています。
しかし、障害物はやや多めで、特にバンカーが大きめの5番、8番、大きめの池がある9番ホールは打数が嵩みやすくなっています。

最も距離が短いものの、変化に富んでおり簡単にはいかないのがくれないコースの9ホールです。
フェアウェイは広めですが、途中で大きく角度が変わるドッグレッグが多めなので、コントロールを重視した方が良いでしょう。

障害物も豊富であり、池とバンカーは共に多めです。
2番、5番、8番ホールは池とバンカーが両方あるので難しくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ