神戸市内にあり計36ホールを所有している、大神戸ゴルフ倶楽部

兵庫県神戸市で1966年より営業を行っているゴルフ場が大神戸ゴルフ倶楽部です。
敷地内のほとんどの場所から瀬戸内海を一望することが出来ます。
性質の異なる、二つの18ホールを所有しているのが最大の特徴で、佐々木真太郎氏が設計を担当しました。

丘陵地帯に作られているので、アップダウンと傾斜があり、特に傾斜はグリーンで顕著で、パッティングに苦しめられるかもしれません。

神戸で馴染みの山である摩耶の名がつくコースの18ホールはバックティーからの距離が6828ヤードであり、十分に距離があります。

フェアウェイも広めなので、豪快なスイングを好まれる方に向いているコースです。
池、バンカー共に多めであり、障害物をどれだけ避けられるかがスコアメイクの上での鍵となります。

5番、8番、11番ホールでは大きめのバンカーが複数配置されているので、一度捕まるとスコアを大きく崩すことも珍しくありません。
池越えスタートの2番、池が大きめの15番ホールも要注意です。

高いコントロール技術が必要なのが須磨コースと呼ばれている18ホールです。
バックティーから打った場合の距離が6341ヤードどやや短めですが、障害物は多いのです。

バンカーは平均以上の数が配置されており、6番、8番、12番ホールは特にバンカーが多めとなっています。
池も多く、半数近いホールで池が見られ、池越えも複数あります。

神戸市内にある立地条件が良いゴルフ場ですが、利用料金はそれほど高くありませんので、コストパフォーマンスの面で優れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ