栃木で営業している大倉カントリー倶楽部は関東平野の景観が特色

大倉カントリー倶楽部は1975年より栃木県上都賀郡西方町で営業を行っているゴルフ場です。
大倉山の斜面にあり、景観面での名物は大倉山と、南東に広がっている関東平野となります。
赤星弥次氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーからの距離は6460ヤードであり、それほど距離はありません。

丘陵地帯に作られていますが、アウトコースはアップダウンがほとんどありません。
逆にインコースは傾斜や高低差が色濃く残っています。

フェアウェイは全体的に広く設定されているので、ティーショットだけでなく二打目以降も安定して打つことが可能です。
木で囲まれているホールもありますが、そうでないところも多いのでOBには気をつける必要があるでしょう。

アウトコースは高低差がほとんど無く、またフェアウェイも真っ直ぐ作られているので素直に打てば問題ありません。
インコースでは角度が急に変わるドッグレッグが見られ、最終18番ロングホールは曲がり方が急であり難度が高めです。

障害物は少なめとなっていて、特に池はコース内に一個も存在せず、バンカーも少なめとなっています。
7番、14番、16番ホールのグリーン周りにはやや大きめのバンカーが存在しますが、他のバンカーは小さめです。

数もさほどありませんので、スコアを崩す原因となることはあまりありません。
大倉カントリー倶楽部は公式ホームページを持っていませんので、予約手段は基本的に電話です。

ゴルフ場予約サイトの一部では予約が可能となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ