大博多カントリー倶楽部は博多の近くにあり27ホールを所有している

大博多カントリー倶楽部は福岡県筑紫郡那珂川町で1971年より営業を行っているゴルフ場です。
博多の近くにあり、交通の便が優れていますが、アクセスし易い位置にありながらも、自然に囲まれており敷地内の木々、周囲の山の景観は抜群です。
松山桂司氏が設計を担当し、山岳地帯に位置しているゴルフ場ですが、高低差はそれほど大きくありません。

また、利用料金は平均的な数字となっています。
9ホール構成の3コースを備えており、2コースを組み合わせてプレーします。

桧コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長く、前半はフラットですが、後半から高低差が出てくるので距離感が狂わないように注意する必要があります。

池はフェアウェイ近くには全くありません。
2番ホールでは大きめのバンカーがグリーンの周囲にあります。

距離が長めであり、高低差がほぼ無いのが、松コースと呼ばれている9ホールです。
フェアウェイも広々としているので打ちやすいコースとなっています。

しかし、障害物は多めに配置されているので、どうバンカーと池を避けるかがポイントです。
バンカーが多めの3番、池越えスタートの4番、7番、9番ホールが難所でしょう。

最も距離が短いのが特徴で、障害物が多く、高いコントロール技術が必要なのが、杉コースと呼ばれている9ホールでしょう。

バンカーが大きめの2番、3番、5番、グリーンへのアプローチショットが池越えの形である9番ホールがスコアを崩しやすいポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ