鷹羽ロイヤルカントリークラブの18ホールは距離は短めで、テクニックが重要となる

鷹羽ロイヤルカントリークラブは1974年より福岡県田川郡大任町で営業を行っているゴルフ場です。
自然の多い丘陵地帯にあり、ゴルフに適した土地に作られているコースとなります。
ピーター・トムソン氏、島村祐正氏が18ホールの設計に携わりました。
丘陵地帯に位置していますが、高低差はあまりなく、多くのホールで木々が植えられているので、OBを防いでくれます。

距離はバックティーから打った場合、6556ヤードとやや短く、フェアウェイは広いホールもありますが、多くは狭めとなっているので、飛距離よりも正確性が重要です。

また、池を大胆にレイアウトしているのもこのコースの特徴でしょう。
池の数は多めで、半数近くで池が配置されており、一部には大きめの池があります。

池越えスタートの4番、9番ホールは共に池が大きめであり、9番はグリーン手前にも池が配置されている難所です。

特に、3番ホールはグリーンに向かう道の左手一帯が水に覆われています。
しかし、技術を持っているなら、池越えでグリーンを狙うことも可能です。

バンカーは平均的な数字であり、それほど多めではありません。
しかし11番、17番、18番ホールはバンカーが多めに配置されており、面積も大きめなので要注意のポイントでしょう。

利用料金はそれほど高くも安くもなく、平均的な数字ですが、平日やセルフプレーの場合はリーズナブルな価格で利用が可能です。

その為、利用者が多いゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ