滝の宮カントリークラブは四国山脈を背景にプレー可能

愛媛県新居浜市で1987年より営業を行うゴルフ場が滝の宮カントリークラブです。
四国山脈の雄大な自然を背景にプレーすることが可能となっています。
9ホール構成の赤石コース、別子コース、石鎚コースと3つを所有していて、加藤俊輔氏が設計を担当しました。

全体としては、丘陵地帯に位置しており高低差がありますので、ティーグラウンドが高い場合は打ち下ろしで距離感が狂いやすく注意が必要です。

最も短い赤石の9ホールは、テクニックが求められるでしょう。
グラスバンカーと呼ばれる窪みが多く配置されているのが特徴です。

通常のバンカーがグリーン周りに多い2番、グラスバンカーがフェアウェイに多数配置される5番ホールの難易度が高めとなっています。

フェアウェイが広めに作られている別子コースは、ティーショットが落ちそうな地点に障害物が配置されており、一打目から油断出来ません。

6番ショートホールは普通に打った場合のボールの軌道に沿うように池が配置されているので、距離が足りないと池に落ちる可能性が高くなります。

もうひとつの、石鎚コースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いの特徴です。
ドッグレッグと呼ばれる曲がりくねったレイアウトが多めです。

5番ホールはドッグレッグに加え大きめのグラスバンカーがフェアウェイ横に配置されているので、ベテランゴルファーでも苦戦するかもしれません。
利用料金は平均的な数字で、コースのコンディションは常に良好だと評判の場所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ