知多カントリー倶楽部は愛知県内で早い時期に作られたゴルフ場

1963年、愛知県知多郡武豊町に開場したゴルフ場が、知多カントリー倶楽部です。
知多半島の真ん中にあり、伊勢湾、三河湾といった海を見渡すことが可能となっています。
愛知県内で10番目に作られた、長い歴史を持つゴルフ場で、オープン当初は18ホールで営業していましたが、後に3コース、計27ホールに増設されることとなります。

金子安三氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られており、アンジュレーションと呼ばれている傾斜があるので、真っ直ぐ飛ばすのが困難です。

中でも最も距離が長く、フェアウェイが広めに作られている東コースと呼ばれている9ホールは、ラフの割合も多いので飛距離だけでは好スコアは期待出来ません。

バンカーの数は平均的となっています。
しかし一つ一つがやや大きめなので、打ち込む可能性は高めです。
中コースと呼ばれている9ホールは水を大胆に配置しているのが特徴となります。

3番、6番、7番、9番で池が見られ、7番ホールは巨大な池越えスタートの難所です。
バンカーも多めですが、大きさはさほどでもありません。

バンカーが多く難しいと言われる西コースの9ホールは最も距離が短い造りです。
4番、6番、7番ホールのバンカーは特に大きく、要注意のポイントです。

知多カントリー倶楽部は公式ホームページを持っているものの、インターネットから予約を取ることは出来ません。

予約手段は電話のみです。
しかしゴルフ場予約サイトの中にはこのゴルフ場の予約を行っているところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ