池田カンツリー倶楽部は大阪の市街地を一望出来るコース

大阪府池田市で1960年より営業を行っているゴルフ場が池田カンツリー倶楽部です。
大阪府内で11番目に作られたゴルフ場となります。
大阪平野を一望することが可能であり、大阪市中心部の光景が景観の面での見所です。
伊丹空港から近い位置にあるので、他府県からのアクセスも容易となっています。

9ホール構成の3コースで営業を行っており、町田義雄氏、荒木博氏が設計に携わりました。
高低差、アンジュレーションと呼ばれる傾斜があり、フェアウェイもそれほど広くないので高いコントロール技術が必要となるのが、五月平コースと呼ばれている9ホールで、最も距離が長いのが特徴です。

バンカーが非常に多めで、全てのホールに満遍なく配置されているので、全てを避けるのは困難となっています。
綾羽コースと呼ばれている9ホールは丘陵地帯に作られていますが、高低差が少なめであり、フラットと同じ感覚で打つことが可能です。

バンカーの数は、平均よりやや多い程度となっています。
しかし8番ショートホールは巨大なバンカーが4個配置されているので、一打目でグリーンに乗せられなかった場合、苦戦は必至です。

衣懸コースと呼ばれている9ホールは最も短いものの、谷越えがあるのでテクニックが重要となります。

巨大な池越えスタートの2番、バンカーが多めに配置されている1番、7番、8番ホールは難度が高めです。

長い歴史を持つ名門ゴルフ場ですが、ビジターでも利用は可能となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ