竹原カントリークラブの18ホールは岡本綾子プロ監修の戦略性が高いコース

竹原カントリークラブは広島県竹原市で1994年より営業を行っているゴルフ場です。
敷地が非常に広く、多く残された木々や花が見所となります。
木下俊雄氏が設計、岡本綾子プロが監修を担当しました。
丘陵地帯に作られており、高低差は大きくあります。

しかし各ホールはフラットに仕上がっているので打ちやすいコースです。
木々が各ホールを仕切っているので、他の組に影響を与える心配は少なめとなっています。

バックティーからの距離は6854ヤードであり、長めのコースです。
さまざまなホールが用意されているので、プレーヤーは多くのクラブを使い、技術を駆使してプレーすることになるでしょう。

フェアウェイは広めに作られているホールが多めです。
しかし、フェアウェイが途中で大きく曲がることもあるので、飛距離に加えて高いコントロール技術と戦略が必要となります。

特に途中で曲がる作りになっているホールは、どこに落とせば良いか常に考えてプレーしないと結果に繋がらないでしょう。
障害物も多めに配置されています。

バンカーは多めにあり、3番、6番、12番ホールはバンカーが大きめなので、捕まった時は脱出に苦労する可能性が高めです。
池越えスタートこそありませんが、池は多めとなっています。

特に9番ホールの池はフェアウェイ近くに位置しており、面積も大きめなので要注意です。
利用料金はやや安めに設定されており、平日ならばお手頃な価格で利用が可能となっています。
コースのコンディションは良いと評判です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ