筑波国際カントリークラブは国定公園内にあるゴルフ場

茨城県つくば市で1974年より営業を行っているゴルフ場が筑波国際カントリークラブです。
筑波国定公園内にあり、近くに筑波山や関東平野、そして天気が良い場合は遠くに富士山を望むことが可能となっています。
敷地内にも自然が非常に多く、花や木々に囲まれながらプレーすることが可能で、高速道路のインターチェンジから近く、交通の便も良好です。

陳清水氏が18ホールの設計を担当しました。
バックティーから打った場合の距離は6429ヤードと短めで、山岳地帯に作られており、高低差と傾斜が色濃く残っています。

同じホール内で打ち下ろしと打ち上げの両方がある場合もあり、距離感が狂いやすいコースです。
木々が各ホールを仕切っているので、OBは出にくいでしょう。

フェアウェイはあまり広くなく、ラフの割合が多いので、好スコアを記録するには高いコントロール技術が必要です。
障害物はさほど多く配置されていません。

バンカーは3番、4番、9番ホールで大きめのものが配置されているものの、数は少なめです。
池は2か所にありますが、共に小さめとなっています。

5番ホールは池越えスタートの形ではありますが、池が非常に小さいので打ち込む可能性は少なめです。
16番ショートホールの距離は僅か78ヤードであり、障害物が一切ない名物ホールとなっています。

利用料金は安めであり、平日でセルフプレーの場合は7000円以内でプレーが可能です。
コストパフォーマンスの面でも優れているゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ