中軽井沢カントリークラブは避暑地で快適にプレー出来るゴルフ場

1996年、長野県北佐久郡軽井沢町に開場したゴルフ場が中軽井沢カントリークラブです。
避暑地として有名な軽井沢に位置しており、涼しく自然が豊富なゴルフ場となっています。
浅間山が景観面での名物です。
18ホールは林間地帯に作られており、高低差はほとんどありません。

木々が多く残されている他に、花も多く植えられており、自然の中でプレーすることが可能です。
木々は各ホールを仕切る役割も果たしています。

グリーンから最も遠いバックティーから打った場合の距離は、6846ヤードと平均以上です。
フェアウェイはそれほど広くないところもあるので、油断は出来ません。

途中で角度が変わる、ドッグレッグを採用しているホールが多めとなっています。
5番、14番ホールは特に曲がり方が急であり、ティーグラウンドからグリーンを見ることが出来ない作りです。

バンカーの数は平均的となっています。
6番、9番、17番ホールのバンカーは大きめなので注意が必要でしょう。池は多く配置されています。
特に14番から18番ホールは大きめの池が続く難易度の高いポイントです。

池越えスタートはありませんが、フェアウェイの横、グリーンの奥といった箇所に池が配置されているので、打数が嵩みやすくなっています。
池があるホールは飛距離よりもコントロールを重視した方が良いでしょう。

利用料金は平均的であり、高くはありません。
ホテル軽井沢高原と提携しており、ゴルフ宿泊プランが用意されています。

泊まりがけでのプレーにも向いているゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ