千葉県内でも名門ゴルフ場として名高い中山カントリークラブ

中山カントリークラブは、千葉県八千代市で1961年より営業されているゴルフ場です。
ゴルフ場の激戦区である千葉県の中でも早めに作られており、名門として営業が行われています。
クラブハウスからコースに向かう時には吊り橋を利用することとなり、中山カントリークラブの名物として有名です。
丸毛信勝氏が18ホールの設計を担当しました。

林間地帯に作られているので、高低差はあまりありません。
また、豊富な木々により各ホールは仕切られています。

バックティーから打った場合の距離は6904ヤードです。
基本に忠実に作られており、奇抜な構成ではありません。

途中で角度が変わる、ドッグレッグ気味になっているホールがあるものの、ほとんどのホールは真っ直ぐです。
フェアウェイの横幅もあるので打ちやすい作りとなっています。

このコースは障害物をどれだけ避けられるかが鍵です。
バンカーは終始登場します。

7番、15番、17番ホールは特に大きめのバンカーが配置されており、一度砂に捕まると脱出は困難です。
またフェアウェイにもサイドバンカーが多く配置されているので、ティーショットからバンカーのプレッシャーがかかります。

池も数箇所に配置されており、池越えスタートが多めです。
グリーンは周囲より高めに作られている、所謂砲台グリーンなのでアプローチショットの難易度は高めになっています。

会員向けの名門ゴルフ場として営業しているので、会員の紹介が無いとビジターは予約することが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ