中須ゴルフ倶楽部の18ホールは日本でも屈指の長距離コース

中須ゴルフ倶楽部は、山口県周南市で1975年より営業を行っているゴルフ場です。
自然が多いことが特徴であり、木々や花に囲まれながら伸び伸びとプレーを行うことが出来ます。
木々により各ホールが仕切られているので、他の組の状況を気にする必要があまりありません。
中村寅吉氏が18ホールの設計を担当しました。

丘陵地帯に作られていますが、高低差はほとんどありません。
フラットに仕上げられています。

バックティーからの距離は7125ヤードであり、国内でも屈指の長距離コースです。
プレーヤーが思いきって打てるように、フェアウェイも広めに設定されています。

テクニックも勿論必要ですが、距離が長いので飛距離がスコアメイクの上で特に重要です。
やや曲がっているホールもあるものの、多くは真っ直ぐ作られているので打ちやすくなっています。

二打目以降も安定して打てるので、飛距離に自信がある方とは相性が良いコースです。
障害物はあまり多く配置されていません。
バンカーの数はやや少なめとなっています。

しかし、一つ一つが大きめなので注意が必要でしょう。
1番ホール、12番ホール、17番ホールは大きめのバンカーが配置されており、池は多めです。

数か所に配置されている池は、どれもフェアウェイに近いところにあるので打ち込みやすくなっています。
フェアウェイの両脇に池がある5番、グリーン手前に大きめの池がある8番、15番ホールは注意が必要です。

利用料金は安めに設定されているため、利用しやすいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ