全体的に距離が短めであり、テクニックが重要となる中津川カントリークラブ

中津川カントリークラブは、神奈川県厚木市で1969年より営業されているゴルフ場で、住友グループに属する企業が母体となって作られています。
東名高速道路の厚木インターチェンジから近いところにあり、交通の便は抜群です。
9ホール構成の3コースを所有しており、実際の利用の際は2コースを回ることとなります。

小池偉雄氏が設計を担当しました。
丘陵地帯に作られていて、高低差や傾斜が色濃く残っており、打ち下ろし、打ち上げ共に多めです。

全体的に距離が短めであり、最も距離が長くなる組み合わせでも6000ヤードを僅かに上回る程度となっています。
アウトコースという名称の9ホールは、途中で角度が大きく変わるドッグレッグが多く採用されているのが特徴です。

半数近くがドッグレッグで、バンカーも多く配置されています。
7番ホールはバンカーが多く、また大きめです。
インコースと呼ばれている9ホールは最も距離が長いのが特徴となっていて、フェアウェイは広めです。

池は2か所にあり、共にグリーン手前なので、アプローチショットで失敗すると打ち込みやすくなっています。
ウエストコースと名のついた9ホールは最も距離が短いのが特徴です。

障害物は多めであり、特にバンカーは多めに配置されています。
2番、5番、7番ホールはバンカーが大きく、捕まりやすいポイントです。

利用料金はやや高めに設定されているものの、コースはよく整備されていると高い評価を得ています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ