中日カントリークラブはプロトーナメントが開催されたゴルフ場

三重県鈴鹿市で1979年より営業を行っているゴルフ場が中日カントリークラブです。
鈴鹿連峰の雄大な自然を背景に打つことが可能であり、爽快感を得られます。
9ホール構成の3コースを所有しているのが特徴で、富澤誠造氏、富澤廣親氏が設計に携わりました。
プロトーナメントが開催されており、その影響でグリーンは高速化されています。

全体的には丘陵地帯にあることを感じさせない、フラットな作りです。
距離が最も長い西コースと呼ばれている9ホールは、フェアウェイも広めとなっています。

ショートホールが共に池越えスタートなので、ティーショットで失敗すると打数が嵩むことも珍しくありません。
バンカーの数は平均的で、さほど大きくもありません。

中コースと呼ばれている9ホールは、西コースより若干短いですが、十分に長めとなっています。
真っ直ぐに作られているホールではフェアウェイは広めですが、途中で角度が変わるレイアウトの場合はラフが多めです。

池は一箇所に大きめのものがあります。
しかし全体的に障害物は少なめです。

最も距離が短く、飛距離よりテクニックが重要となるのが、東コースと呼ばれている9ホールでしょう。
池越えスタート、途中で角度が大きく変わるドッグレッグ、大きめのバンカーといったスコアアップを妨げる要素が多くあるのが特徴です。

利用料金は平均よりやや高めになっています。
接客や施設を始めとしたサービス面、そしてコースのコンディションも評判が良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ