朝霞パブリックゴルフ場は都心に近く利用しやすい

埼玉県朝霞市で1961年より営業を行っているゴルフ場が、朝霞パブリックゴルフ場です。
埼玉県から東京湾にかけて流れている荒川沿いにある河川敷コースであり、ゴルフ場の名前にもなっている通り、パブリック制を採用しているのが特徴となります。
会員権というものが存在しないので、気軽に訪れることが可能です。

また荒川沿いにあるので、都心から非常に近いのも利点となっています。
18ホールの距離は6287ヤードであり、かなり短めのコースです。

河川敷コースの特徴として、平坦であるという点が挙げられます。
それはこのコースでも同じであり、高低差はほぼありません。

またフェアウェイは非常に広く作られているので、初心者の方でも打ちやすい作りです。
フェアウェイが途中で曲がることもありません。バンカーはありますが、数は少なめです。

6番ホールではやや大きめのバンカーがあるものの、バンカーで苦しむ心配は少ないでしょう。
池は非常に多く配置されています。

半数以上のホールで池があるので、打ち込む可能性は高めです。
しかし、フェアウェイやグリーンに近い位置にはないので、ある程度技術があるなら回避するのはそれほど難しくはありません。

池が大きめの8番ホール、フェアウェイの脇に水が流れている11番、12番ホールは要注意のポイントです。
強い風が吹きやすいので、臨機応変な対応が必要となります。

パブリック制なので、利用料金はそれほど高めではありません。
常に多くのプレーヤーで賑わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ