朝日野カントリー倶楽部は自然に配慮しており、伸び伸びと打てるゴルフ場

1976年、滋賀県東近江市に開場したゴルフ場が朝日野カントリー倶楽部です。
自然が豊かな土地に作られており、敷地内には木々、花といった植物が多く残っています。
また、環境にも配慮しており、自然に優しいバッテリーカートを使用しているのが特徴です。

一方でGPSを使ったナビゲーションを導入しており、快適にプレーすることが可能となっています。
鈴木正一氏が18ホールの設計を担当しました。

バックティーから打った場合の距離は6980ヤードと長距離コースです。
丘陵地帯に作られているコースなので、高低差、傾斜共にあります。

打ち上げの形になっているホールもあるので、距離感が狂わないように気をつけると良いでしょう。
フェアウェイは広く、逆にラフはあまりありません。

距離が長いので、ティーショットから果敢に攻めていっても大丈夫です。
豊富に残った木々により各ホールは仕切られているので、OBが出にくい作りとなっています。

バンカーはそれほど多く配置されていません。
バンカーの数は平均以下です。

しかし8番、12番、17番ホールには大きなバンカーが配置されているので注意が必要となります。
12番ホールは池もあり、距離が足りないとバンカー、池に落ちる可能性があるので、難易度は高めです。

4番ホールはグリーンの傾斜がきつく、芝目を読み切る能力と、パッティング技術の両方が問われます。

利用料金はやや高めに設定されていますが、とても綺麗に整備されているとの声があり、評判は良好です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ