名門として規律、健全さを重視している長竹カントリークラブ

1971年、神奈川県相模原市に開場したゴルフ場が、長竹カントリークラブです。
東京にあった戸田カントリークラブが前身であり、後に有志が集い会員制コースとして長竹カントリークラブが誕生しました。
規律と健全さを重視する姿勢を見せているのが特徴です。
佐藤昌氏が18ホールの設計を担当しました。

距離は6670ヤードであり、平均的な数字です。
丘陵地帯に作られたコースなので、自然の傾斜が多く残っているのが特徴となります。

自然が多く残っており、木々により囲まれているホールが多めです。
しかし木々が少ないホールもあり、OBにならないよう注意が必要となります。

フェアウェイは広めであり、逆にラフの範囲は狭めです。
しかし曲がりくねったレイアウトが多いので、思い切って打ちづらくなっています。

途中で角度が変わるドッグレッグや、ティーグラウンドからグリーンが見えないブラインドの作りになっているホールが多めなので、第一打をどこに落とすかがポイントです。

池は二箇所にあり、5番、8番ホール共に池越えスタートとなっています。
そしてこのコースの難易度を上げているのが、多く配置されているバンカーです。

一個一個が大きいわけではありませんが、数が非常に多めであり、特に6番、16番、17番ホールはバンカーが多い難所となっています。

メンバーシップ制を重視しているので、ビジターは会員の紹介か同伴がないと予約することは出来ません。
また、ビジターの利用料金は非常に高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ